妊婦の時の便秘は相当つらかった

子供を妊娠してとてもうれしかったのですが、何より便秘がつらかったです。便秘は妊娠するまでは他人事で、たまに少しでないときがあるだけでいつもすっきりしていました。
しかし妊娠してから便秘で痔になるまでひどくなってしまったのでほんとに驚いています。テレビの話題で便秘の説明があったり解消の内容があったりしていましたが、自分にはまったく関係がないと思いまったく見ていませんでした。夫がそこで便秘について話していても気にもしなかったので聞き流してもいました。

妊婦になってお通じのサインがありトイレに座りました。妊娠中はおなかの赤ちゃんに何があっても絶対にいけないから極力力をいれないようにしていました。というようりもトイレにすわり、もしおなかに力をいれて力んでしまったら赤ちゃんがでてきてしまうかもと勘違いもあったので、全然踏ん張ることができず、お尻の力の入れ具合もいつもより力を入れられずに便もでてこずに、そこから便秘がはじまりました。

なんとか少しすっきりしたと思ったらそこから便秘になってしまい、そして痔になりました。そうなると治りも悪く何度も悪くなる可能性もあるとのことで、せっかく治っても痔や便秘になることが多々ありました。

妊娠してなかったら便秘の薬を飲むときも自分の相性だけを考えればいいのですが、妊娠しておなかに赤ちゃんがいると薬もほとんど使うことができずに便秘もあきらめてしまいます。しかし妊婦の便秘を解消できたらもし妊娠中にためしていたらと思ってしまいます。妊娠中はあかちゃんのことでいつも気にかけると思いますが、ぜひだからこそそんなときにお母さん自身にも気にかけてほしいです。

妊娠中のお母さんが便秘になるとおなかの赤ちゃんもおなかが窮屈になるのでぜひ便秘を解消してほしいです