切実な願い

子供が中学生の頃野球少年でした。チームメイトより早く走りたい、遠くへボールを飛ばしたい!という言葉をよく聞きました。よく聞いてみると背が高い方がジャンプして飛んでくる球が取れるとか長い手足を使ってバットを振れるイコール遠くへ球を飛ばせるという理由でした。上手くなりたい!と、子供なりに真剣に考えているのだなぁと感心しました。
行動をよく観察してみると、集合整列の時は隣同士で背丈を確認して背の順に並んでいるし、休憩時間もチームメイト同士背比べをしています。我が子だけではなく皆の切実な願いなんだなぁとおもいます。子供の身長を伸ばすために私も何か手伝えないかとサプリメントやプロテインを飲ませたり、牛乳を朝食に加えてみたり今考えると懐かしいです。

「寝る子は育つ」ということわざがありますが、友人のお子さんは夜中に目覚めて「ひざが痛い痛い」となくそうです。私も夜11時前に眠りにつかないと背が伸びづらいと聞いた事があります。ので、眠っている間に‥というのは本当のことなのかもしれません。ですので、親としてサポートしてあげられることは「セノビック」と牛乳を手の届く(目につく場所)に置いて「飲んだ?」と、声かけをしたり、夜は遅くまで行動しないで、早く布団に入るようにしてあげる事が好ましいのだと思います。

日中働いているママたちにとっては仕事を終えて帰ってきた後、家族の食事を作って、子ども達をお風呂に入れて、洗濯をしながら今日あった出来事を話し合って‥結構やらなくてはいけないことが山盛りです。我が家もその様な忙しい夜を過ごしてきた頃が懐かしくあったかく思い出されます。