広報研修部

20年ぐらい前までは広報部と研修部はそれぞれ独立していたんですが、最近は1つにして「広報研修部」としている学校が増えてきました。
また、研修部を学年部の仕事にしているところもあります。
子どもの数が減ってくるとPTAの仕事も徐々に規模が小さくなってくるのは仕方ないことなのかもしれません。

ここでは広報部の仕事についてお話しします。

広報部は一番やりがいのある専門部かもしれません。
なんといっても「PTA新聞」という形に残るものに携わるわけですから…
そして不思議なことに、広報部長を勤めた人はなぜか副会長に上がることが多いんです。
いわば出世コース??

そんな広報部も他の部同様クラスから役員が集まり、部長と副部長を決めます。

その広報部の仕事はこんな感じです。

  • 部長の仕事
    ・理事会への出席
    ・部会の開催
    ・PTA新聞の発行

広報部の場合は、部長は代表で会合に出席したり印刷会社との交渉はしますが、PTA新聞制作は全員で取り組みます。
記事を書いたり、写真を撮ったり、原稿を依頼したり、レイアウトを考えたり…
部会以外にも編集会議がしばしば開催されます。
大変そうですが役得?もありますよ。
行事のたびに写真を撮りますが他の保護者と違って結構至近距離で子どもの写真を撮れるんです。
「広報部でーす」って言えばOKですからね♪
しかもここだけの話ですが写真代も経費で落ちるし…
…といっても昔の紙焼きの時代ですが、今でもプリント代などは経費で落とせる、ある意味一番美味しい部かも…

毎年、PTA新聞を対象にした「広報紙コンクール」というものがあるのですが、それに応募する学校もあります。
それに入賞すれば広報委員としては一生の思い出です。

文章を書くのが好きな方、イラストが好きな方、ぜひ参加されてみてください♪

 

研修部については「生活指導部」のページに書きたいと思います。