クオカードなどの懸賞を当てるコツ

私はよく色々な懸賞に応募しますが、500円のクオカードなどちょっとしたものはよく当選しています。

当選確率をアップするには少しコツがあります。コツの一つとしては、応募先がマイナーな懸賞を選ぶということです。例えばですが、私が応募して最も当選率が高いのが、会社の組合の新聞の懸賞です。組合の新聞だと応募者自体が少ないので、当選の確率がかなり上がります。過去に会社の組合の新聞の懸賞は数回当選しています。

雑誌なども、よく売れている雑誌より、マイナーな趣味の雑誌などの懸賞は当たる確率が高いです。

また、よく売れている雑誌でも、漫画雑誌などの、連載されている漫画のクオカードなどが3000人など大人数で当たる懸賞などは良く当選します。ただ、その雑誌の中で人気がある漫画だと、応募が殺到するので外れることもありますが、クオカードであれば何でもいいということであれば、少し人気が下火な漫画のクオカードを希望すると、ほぼ当選します。

ある大手出版社が出版している、人気のある少女漫画雑誌に連載している漫画家さんのコラムによると、少女漫画雑誌で大体3000人にプレゼントという当選人数のものは、応募者の大多数が当選するものもあるのだそうで、これはねらい目だと思います。

大人気のアイドルのものや、購入した商品のIDを入力してパソコンやスマホから応募する懸賞は競争率が高くなかなか当選するのも困難ですが、読み手のターゲットが限定されている雑誌や新聞の懸賞や、当選人数が多い懸賞は穴場と言えます。